入り口の目隠しとして「トイレ暖簾」

暖簾のユニークな用途としてはトイレに暖簾を掲げるといった
シーンも見られ、飲食店や温浴施設などの店舗で
採用されることもあります。

一番の目的は男性や女性の識別がしやすいことで、
間違って女性が男性用へ、男性が女性用へ入ってしまうことを防ぐことができます。

それと見た目がおしゃれな印象もあり、古風な感じで落ち着きがあるとして
インテリアの一環として採用されるケースもあります。

よく採用されている店舗は、和食を中心とした飲食店や
温浴施設などが該当します。備えておく

さらには他の目的としては、中を外から見られない様にする
目隠しの機能を持っているケースも見られ、外から覗かれると
恥ずかしい場所であるため、そういった対策を行う上でも
優れています。

実際に入口に暖簾がかかっている場合とかかっていない場合とでは
大きな違いが見られ、それがあれば人が通った時に簡単に
中の様子を覗うことができず、一方、それが無いと明らかに
中の状態が丸見えとなってしまいます。

また暖簾の役割は風水的な役割もあり、外からの邪気や
風などを遮る効果が期待できることで運気をアップすることにも繋がります。

トイレなどの水回りを綺麗にすることは運気をアップする事に
繋がるぐらいで、例えば邪気を侵入できない様にし、一方では
運気をそこに留めおく効果をもたらすと考えられています。用途からヒントを得る

用途としてはトイレに掲げられることもありますが、
それを入手するにはECサイトで扱っていることも多いです。

シンプルなデザインから、なかには凝ったデザインまで見受けられ、
ECサイトで検索すれば様々なデザインの物を見つけることが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)